1. HOME
  2. ブログ
  3. 「イケメンなのに愛妻家」を婚活アプリで捕まえる方法~28才女性成婚レポート

「イケメンなのに愛妻家」を婚活アプリで捕まえる方法~28才女性成婚レポート

 

今回のご成婚レポートは、
過去最高に読み応えのあるご本人の手記です。

先日、結婚のお祝い会をした時に、
涙を浮かべて喜んでくれたケイさん。

最高のパートナーに巡り会えて、
愛されて幸せいっぱいなケイさんですが、
実は、これまでに紆余曲折がありました。

 

前回のブログのご成婚レポートは、
活動たったの3カ月で成婚したパターンでしたが、
今回は1年以上となったパターンの
ご成婚レポートです。

短く済むのだけが良いわけではなく、
時として、
ご縁の神様の計らいか(特定の宗教ではないです)
長くなることもあります。

実際のところ、
お見合回数が多いほうが結婚が決まるタイプと、
逆に少ないほうが決まりやすいタイプの人がいます。

 

話すと長くなるのでここでは省略しますが、
私は初対面でわかりますので、
気になる人は、
マンツーマン婚活コンサルで聞きに来てくださいね。

目次

マンツーマン婚活コンサルのお申込みはこちら

 

また、それと別の理由もあります。

20代の美人さんは、とにかく大量に申込が来ます。

もちろん、身の回りにいないような
ハイスペックな人からも。

意欲的に婚活に取り組むほど、
「いろんな人に会ってみよう!」と、
勢いでお見合を詰め込みがちになることもある。

 

ケイさんは、きれいな方なので、
申込もたくさん来ましたし、
コミュニケーション能力も高く、
お見合の会話も苦はなく楽しめたので、
いつの間にかお見合人数が増えていました。

 

 

そんなケイさんは、こんなことを仰っています。

「婚活に悩んで
ネット記事を探している女性がいるとしたら、
これを読んで何かの参考にしてもらい、
勇気を出してほしい」

と、その記憶が新しいうちに、
思い出したくないことまで
つぶさに活動を振り返って、
リアリティいっぱいに
活動の全記録を書いて下さいました。

 

さて、ケイさんと旦那さまは、
どのような方かと言いますと、、、

28才、都心で働くキレイ系OLさんと、
33才、有名企業勤務の体育会系爽やか男子
のご夫婦です。

 

ケイさんは、
都会的でおしゃれな美人さんで、
コミュニケーション能力も抜群。

これまで普通に恋愛して、
結婚目前まで行ったこともあった。

出会いなら身近にもある。

 

出会いがあるのに敢えて結婚相談所?と
不思議に思う人もいるかもしれませんが、
そんな20代の女性がとても増えています。

 

「若くてきれいなら、結婚もすぐ決まるでしょ。」
と思うかもしれませんが、
世の中そんなに簡単ではない。

確かに、若くてきれいなら、
出会いもあるし彼氏なら作れるけれど、
それが結婚につながるかはまた別の話。

 

”紆余曲折”と言いましたが、

と言うのも、ケイさんの結婚は、
IBJ内のご成婚ではないのです。

「IBJではお見合をし尽くした、
もう申し込みたい人がいない」
という状況に陥ったため、

IBJシステムは休会しながら、
omiaiやpairsなどのアプリも登録して、
私と一緒に戦略を立てたり、
そこで出会った異性との相談に
ずっと乗っていました。

 

※万が一、お見合に疲れてしまった時に
他の婚活方法もアドバイスしてほしい場合や、
既に他の相談所に入ってしまった人でも、
月会費1万円でサポートしています。

 

ケイさんの結婚相手は、
婚活アプリで知り合った男性なのです。

うちは結婚相談所ですが、
会員さんがお見合に疲れたりしたら、
私はその他の婚活の方法も相談に乗っています。

お見合だけが、全てではないからです。

婚活アプリや婚活パーティー、
友達の紹介などでも、
お見合い結婚と同じくらい短期間で
プロポーズを引き出す方法はあります。

 

ただ、それは、一人で実行するには、
とても勇気がいる作戦です。

 

婚活アプリをすれば、
これまで普通に恋愛してきた女性なら、
簡単に彼氏は作れます。

『婚活』アプリは、
様々なモチベーションの男性がいるので、
結婚というより、
「とりあえず彼女が欲しい」
という男性も登録する場なので、
そこまで深く考えているわけではない。

 

なので、彼氏はすぐできても、
それが結婚につながるかは全くの別物。

結婚願望があるようでいて、
結局はなかった男性に振り回されて、
無駄な回り道になってしまった
という話ばかり聞きますよね。

 

それに比べてお見合は、
つい条件面で見る目が厳しくなってしまい、
なかなか真剣交際に進まないのですよね。

ただその一方で、真剣交際にさえ進めば、
担当者の介入で3~6カ月で
あっという間に結婚になるのが、
結婚相談所の良いところ。

 

アプリで出会えば、
彼氏はできても結婚には至らないし、
結婚相談所で出会えば、
スピード婚が叶うが真剣交際に進む勇気が出ない。

このジレンマ!に悩まされるわけです。

じゃあ、どうすればいいのーーーーー!?
と途方に暮れてしまうかもしれませんが、、、

 

それでも、ケイさんは、
婚活アプリでお付き合いし、
結婚相談所並みの
スピード婚ができたのです!

 

ケイさんは、
私のブログやメルマガを
熱心に読んで質問して下さったり、

面談でお茶するときには、
いつも席に着くなり、さっとノートを取り出し、
「アドバイスを聞き漏らさない!」
というくらいの熱心さでメモしていました。

 

それに加えて、
結婚相談所でのお見合の経験によって、
「結婚願望のある・ない男性」をすぐに
見分けれれるようになっていましたし、

結婚に及び腰になる男性の
言いなりにならない強いマインドを
培えていました。

 

ケイさんは、

これまでの婚活での経験で体感したことや、
私と立てた戦略に基づいて行動してくれました。

アプリで出会ってからも、

お付き合いするまでは
じっくり時間をかけました。

お付き合い直前には、
「3カ月後の自分の誕生日には
プロポーズしてほしい!」
とはっきり伝えたことによって、
本当に現実化させました。

願いは口に出さなければ叶わないし、
伝えなければ、
その願いは存在しないのと同じ。

 

婚活では、つい条件の良い男性の
いいようにされてしまいがちで、
気持ちがわからないままずるずると

引き延ばされてしまう女性も多いもの。

 

そんな悩みがあるとしたら、ぜひ、
ケイさんのやり方を参考にしてみて下さい。

結婚願望を伝えたらフラれたのであれば、
それも本望!

もう男性の言いなりにはならない!
と決めましょう。

 

男が本当に惚れれば、
好きな女のわがままを叶えてあげたい
と思うものなのだから。

 

 

勇気を持って「わたしの希望」を伝えられれば、
ケイさんのように、
毎月のお付合い記念日をお祝いしてくれる
愛妻家の旦那さまを
見つけることができるはずです!

IBJ内の成婚ではなく、最終的には、
婚活アプリで結婚したケイさんの、
普段とは一味違う成婚レポートをお読みください!

 

 

28才(都内IT企業勤務)女性の成婚レポート

 

1、活動のきっかけを教えてください

2年半交際した末に彼氏と
別れてしまったことがきっかけでした。
ご両親に挨拶をしたり、
結婚についても話してはいたのですが、
結局は彼にその気がなく
振り回されて終わってしまいました。

恋愛に振り回されるような生活はもう嫌だ・・・。
私は彼氏はいらない、
私は旦那さんが欲しい!!
と思い、結婚相談所に入ることに決めました。

結婚や出産をする友人や同僚を
妬むのもやめたかったし、
『東京タラレバ娘』を読んで、
さらに焦りも感じていました。

結婚相談所について調べていたときに、
あさみさんのブログに行き着き、
しばらくメルマガを購読していました。

メルマガの内容が論理的でわかりやすく、
共感できる部分が多かったので、
実際に相談したいなと思い、
お会いしたのが始まりです。

実際にお会いしてみると、
とても丁寧で上品な女性で、
お手本にした〜〜い、
この人のアドバイスなら素直に聞けそう、
何でも相談できそう、と思い、
お会いした3ヶ月後くらいに
登録することにしました。

 

2、当初の理想の結婚相手、理想の結婚生活はどのようなものでしたか?

私は自分に主導権がないと嫌なタイプなので、
私の言うことを聞いてくれる従順な人。
年収600万円以上、
金銭感覚が合う人、
味覚が合う人、
は外せない条件でした。

理想の結婚生活は、
ほっとできる穏やかな生活ですかね。
私は仕事に思い入れがあるタイプではないので、
家族を大切にしながら
パートナーが欲しいなと思っていました。

 

3、お見合を始めてみて理想と違うことはありましたか?

思ったよりも
高年収で真面目な方が多かったです。
海外駐在経験がある方も多くて、
普段の生活圏では
まず出会えないような人ばかりでした。

ホテルのおしゃれなラウンジに行くのも
楽しかったですし、
昼間に1時間お茶するだけ、
お断りは相談所を通して、
なのでとても効率が良いなと思いました。
忙しい女性にこそおすすめです。

 

4、お見合相手とその感想を教えてください。

・31歳、大手銀行員
背が高くてイケメンでした!
残念ながらお断りされちゃいました。

・40歳、会社員
出身大学が一緒で楽しみだったのですが、
写真詐欺だったし面倒くさそうな態度をとられ、
一番印象の悪い方でした。

・30歳、大手メーカー
見た目もかっこよく、
お話も楽しかったのですが、
LINEでのやりとりであまりにマナーがなく
がっかりしてしまいました。

・37歳、証券会社
年収1500万円、地元が一緒で、
高年収なのに気取った感じもなく素朴で、
いいかも!と思い、
3回デートしてみたのですが、
どうしても恋愛感情が沸かず・・・。

・39歳、歯医者
物腰低く優しくて素敵な方だったのですが、
お家柄が良すぎたのと不動産投資をしてたり、
庶民育ちの私とは感覚が違いすぎて
難しいかなと思いました。
いわゆる玉の輿婚できるかもしれないけど、
育ちが違い過ぎて一緒に生活するには
難しいだろうなと実感しました。

・38歳、製薬会社
3ヶ月以上仮交際した方です。
大人しくて無害な感じだったので
とりあえずデートを続けていたら
意外と長く交際していました。

あまりに大人しすぎて
何を考えているのかよくわからなくなり、
「慣れていない人だがら仕方ないのかな」と諦め、
気がつくと地味に振り回されていました。

振り回されている私なんて、私らしくないな、
いざという時は男らしく
リードしてくれる人がいいな、
と改めて考えるきっかけになりました。

・40歳、会社員
海外駐在経験があって、
絵に書いたようなエリートさんでした。
素敵だったけどモテそうだったので
浮気するだろうな〜と思ったのと、
ご家族含めて海外経験が豊富だったので、
育った環境も違うので難しいかなと思いました。

 

5、ご主人と出会ったのは何人目のお見合でしたか?

お見合い25人くらいと、
アプリで10人くらい、
知人の紹介なども入れると40人超えます。

少し疲れてしまい、諦めかけていた時に、
あさみさんが
「男性はクリスマス1週間前に焦るから、
もう少しだけ頑張ってみたら?」
と後押ししてくれたときに出会いました。

今思うと、お世辞抜きに
私の人生を変えてくれた
運命の一言だったな〜と思います!
終始いろんなアドバイスをくだり、
プロに頼って本当に正解でした。

◆山本より補足
:クリスマスやバレンタイン1週間前は、
婚活パーティーの男性の参加者が
普段の倍になります。
男性も気にしていないようで気にしているのですね。
女性は1カ月くらい前から動き出すのに比べて、
男性は計画性がないですよね(笑)

 

6、ご主人の第一印象は?運命を感じたのはいつ?

第一印象はアプリに載せていた写真通りで
「写真詐欺じゃなくてよかった」
と思ったのと、
2時間程ディナーをして、
明るくて悪い人ではなさそうだな、
くらいにしか思っていませんでした。

残念ながら全然ビビッときていません(笑)

今までのお見合、
あさみさんのご指導で鍛えられた
トーク力、外見力で
彼は私のことを気に入ってくれて、
とても熱心に口説いてくれたのは
嬉しかったです。
私と同じくらい結婚願望が強いことがわかり、
電話やLINEもマメにくれたので
リードに任せてデートをしていました。

3回目のデートで告白してもらったのですが、
「私もいいなと思ってるんだけど、
少し考えさせてほしい」
と待ったをかけ、
結婚について気になることを
お互いによく話し、すり合わせをしました。

第一印象でピンと来なかったものの、
デートを重ねて話しているうちに、
地元が近い、学歴も同じくらい、
育った家庭環境が似ている、
金銭感覚が近い、
早く結婚したい意思がある、
など私が求めていた条件をほぼ満たしていたので、
運命というか、
この人なら結婚して一緒に生活できそう、
と冷静に考えていました。

アプリでの出会いで不安があったのと、
私も失敗したくない、と思っていたので、
気になる点はお付き合いする前に
しっかりと確認しました。

合計7〜8回デートを重ねて、
「お付き合いするなら
6ヶ月以内にプロポーズします!」
と期限を決めてくれたので、
「男らしく決断してくれてすてき!」と思い、
お付き合いが始まってからやっと
恋愛モードをONにしました。

 

その後、
「私の誕生日までに
プロポーズしてくれたら嬉しいな〜」
とハッタリのつもりで言い続けていたら、
本当にそうしてくれて、

交際2ヶ月半で
プロポーズしてくれました!!

私自身も「本当にこの人でいいのかな?」
と思うことはありましたが、
いろんな男性と出会ったお陰で、
「もうこんなに良い人とは出会えない!」
と覚悟を決めることができました。

 

7、ご主人との結婚の決め手は?

早く結婚を決めてくれそうだったこと。
条件面をクリアしていたこと。
私のことを大好きになってくれて、
とても尽くしてくれる人だったこと。
私のわがままできついところも
受け止めてくれるので、
のびのび過ごせるなと思えたこと。

 

8、どんなプロポースでしたか?今はどんな結婚準備をしていますか?

旅行先の石垣島でした。
キレイな砂浜で、
プロポーズリングをぱかっとしてくれました。

彼が購入した新築タワーマンションに引越し、
入籍も済んだので、
今は家具や家電を揃えているのと、
結婚式の準備をしています。

付き合って2ヶ月半でプロポーズ、
半年後に入籍、1年後に挙式、
のスピードスケジュールです。

 

9、活動の期間は何ヶ月でしたか?長いと思いますか?短いと思いますか?

活動開始から入籍まで、
1年3ヶ月くらいでした。
活動期間は半年を目標にしていたので、
思っていたよりも長くはなったけど、
あさみさんがよく言っていたのですが、
「出会うまでは時間が掛かるけど、
出会ってからは早いのが婚活」でした。

 

10、婚活を成功させる秘訣は何だと思いますか?

見た目のレベルを上げること、
プロに頼ること、
自分と向き合うこと、の3つです。

・見た目のレベルを上げること
私はわがままできつい性格なので、
内面で勝負するのは厳しいと思い(笑)、
その分見た目を頑張りました。

婚活は初対面勝負な部分も大きいので、
男性が大好きな女子アナを参考に
髪型やファッションを研究していました。

女性らしくキレイな格好をしていると
自然と自分に自信がついて、
やってよかったなと思います。

・プロに頼ること

婚活中はプロの力を総動員しました。
婚活用のファッションやメイクは、
イメージコンサルタントにメイクを習い、
洋服も選んでもらいました。
プロに教えてもらうと失敗がなくて、
普段自分では選ばない服を着たり楽しかったです。

普段は利用していなかったのですが、
エステやネイルも婚活中は通いました。

婚活のプロである、
あさみさんの存在も本当に大きかったです。
結婚したい男女を数多く見てきており、
中立の立場で冷静なアドバイスが
本当に役に立ちました。

私は友達や職場の人の
何気ないアドバイスや言葉に
振り回されやすいタイプなので、
周りには内緒にして、
あさみさんに
たくさん相談させて頂きました。

私は今までの恋愛で散々失敗もしているので、
男性を見る目がないなと自覚していたし、
自分の勘や経験則をアテにするのはやめて、
プロに力を借りて正解でした。

・自分と向き合うこと

現代はいろんなライフスタイルが認められて、
自由である分、選択肢が多すぎて
迷いや葛藤も多いのかなと思います。

私は結婚したくなったり、
独身のまま彼氏がいればいいかなと思ったり、
お金持ちがいいと思ったり、
年下のイケメンがいいと思ったり、
気持ちがいつもフラフラしていました。

本格的に婚活を始めて、
「自分はこれからどうしたいのか、
どうなったら幸せなのか」
を深く考えるきっかけとなり、
活動する中でだんだんと

「私はどうしても結婚がしたい!
私が幸せになるためには結婚が必要!」

と決意が固くなっていき、
いろんな男性と出会うことで、
必要な条件や理想も整理されていきました。

 

11、恋愛と結婚は違うと思いますか?

違うと思います。
その場限りの恋愛よりも、
2人で生活を作り上げていく
結婚のほうが楽しいです!!

 

12、理想や希望はかないましたか?

叶いました!条件も性格も、
こういう人がいいけど、
さすがにいないかな〜
なんて思っていたような人と結婚できました。

私のことが大好きで、
わがままを聞いてくれて、
すごく頼りになる自慢の旦那さんです♡

 

13、活動前の自分に会えたら言いたいことはありますか?

結婚願望のない彼氏をつくるよりも、
1歳でも早く結婚相談所に登録したことは大正解。
周りの人から
「条件から入るのって冷たくない?」
「お金払ってそこまでする?自然にできるでしょ」
と鼻で笑われたこともあったけど、
人は人、私は私。自分の戦略を信じよう。

 

14、人に伝えるとしたら、結婚相手を決めるのに大切なことは何ですか?

年収、職業、家族構成、出身地など
バックボーンが似ていると、
持っている「文化」が近いので、
親を含めてうまくいきやすいと思います。

現代はいろんなスタイルの家庭があるので、
家族を持ってもバリバリ仕事をしたいのか、
家族のことを中心に生活していきたいのか、
など理想とする家庭像のすり合わせも
重要だと思います。

男性側もいろんなライフスタイルを
考えている人がたくさんいたので、
「こういう生活が当たり前だよね」
と決めつけずに、
よく確かめるように気をつけていました。

 

15、同じ気持ちの同年代女性へのメッセージ

私はどうしたいの?
をたくさん考えるといいと思います。
結婚したいのに独身の自分って
魅力がないんじゃないか?
と落ち込んだり、
結婚していく友人を妬ましく思ってしまったり、
悩みすぎて何度も泣いたし、
不安で眠れない夜もありました。

婚活を通して、私の人生には結婚が必要だ、
と覚悟が決まったことで、
大変な時や辛い時も何度もあったけど、
1年にわたり最後まで頑張ることができました。

結婚するまでは受験や就活のような、
修業のような日々でし・・・。
だけど、得るものも大きかったです。

今は独身の人もたくさんいるし、
適齢期の女性とお付き合いするなら責任を取る
といった感覚もないため、
結婚するのも簡単ではなくなっています。

自然になんとな〜く結婚するよりも、
自分のライフプランに合った
パートナーを見つけるのって
すごく賢いことだと思います。

こっそり婚活して、
女子会や合コンからイチ抜け、おすすめです!

すぐにできそうなアドバイスとしては、
私は周りの女性に、
まずは小さな目標から達成しよう、
とよく言っています。

いきなり「彼氏つくる!結婚する!」
は大きすぎる目標なので、
可愛い服を買ってみる、
美容院に行ってみる、
結婚相談所の料金を調べてみる、
職場の男性と雑談して練習しておく、
週1回はデートの予定を入れる、
2回目のデートに誘われるようになる

・・・と、結婚するどころか、
男性と出会うまでにやることって
山のようにあるので、
できることから始めて自信をつけたり、
男性に慣れるのがいいと思います。

大きなことを語ってしまいましたが、
私もネットで何件か結婚相談所の
無料の資料を取り寄せている時に、
あさみさんのブログに行き当たり、
無料ならメルマガ登録して読んでみようかな、
というのが始まりでした。
手軽なことからやってみてほしいです!

 

 

さて、ケイさんの成婚レポートは
いかがでしたでしょうか。

ケイさんと先日お会いした時には、
愛される幸せを毎日実感しているのが一目瞭然、
本当に輝いていましたよ!

 

ケイさんのように、婚活アプリでも、
結婚相談所並みの
スピード婚をしたい方のために、

私が会員さんにお伝えしている
婚活アプリの扱い方を、
特別にここのブログでもご紹介させていただきます。

本当は、結婚相談所でのお見合を
経験した後のほうがもっと効果的です。

婚活アプリしかやったことがない人にとっては、
この方法は難易度が高いかもしれません。

その理由としては、2つあります。

1つ目は、結婚相談所でお見合を経験すると、
結婚願望の高い男性との会話を体感することで、
結婚願望のある男性を見抜く直感がついてきます。

アプリしかやったことのない女性には、
正直わからないと思います。

アプリは、人数比的に、女性優位の世界。

たいした魅力がなくても、
食事くらいには行けたりするので、
「いい男がいない」と男性のせいにして、
選ばれていない現実にもなかなか気づけないし、
まず、自分の結婚願望も隠しがち。

そうしているうちは、
相手の結婚願望もわからないわけです。

2つめは、
結婚願望は隠したほうがいいと思っているから、
言葉にすることが下手なのです。

結婚願望を伝えても、
重いと言われないような、
男性が好む言葉があるのですが、
相手の性格や状況に応じて、
少しづつアレンジしたほうがよく、
それは私のほうで客観的にアドバイスしています。

これらの理由から、
アプリしかやったことがなく
相談する人もいない場合には、
少し難しいかもしれませんが、
以下に具体的な方法を書きますので、
ぜひトライしてみて下さい。

 

婚活アプリでも結婚相談所並みのスピード婚が叶う行動戦略

 

■選ぶべきアプリ

過去の弊社事例で、最も成功例が多いのが
「omiai」次いで「pairs」
それ以外はほとんど例がありません。

 

■プロフィールのポイント

自分のプロフィール

写真は最低3枚は出す
1枚目は顔のアップ
2枚目は上半身
3枚目は全身写真

お見合写真ではなく、
カフェでお茶しているところや
旅行先でのナチュラルな写真を
少しだけビューティー処理します

婚活アプリのシステムは、
人差し指1本で
好みの顔を探すゲームのようなものです。
女性の場合は、写真は絶対に載せましょう。
特に男性にとって、好みの顔かどうかは
本能的にとても大事なのです。
ちなみに、SNOW(スノー)は
バカっぽく見えるそうですのでNGです。

 

相手のプロフィール

結婚願望の欄をよく見ます。

「すぐにしたい・1年後くらい・いつかできればいい・考えていない」
などの選択がありますが、
その欄は思った以上に本音が表れています。
「いつかできればいい」や「考えていない」に
チェックが入っている人は避けましょう。

 

■「いいね」やメッセージのやり取り

アプリは毎日ログインします。
好みの人からいいねが来たら、
24時間以内に返します。

最近の婚活は、スピード命です。
婚活アプリが出てきてからは、
出会いは明日にもすぐ作れます。
じらす作戦はもう時代遅れ。

マッチングが成立したら、
1通目のメッセージは
相手から来るのを待ちましょう。

メッセージが来たら、できれは即レス、
遅くとも2時間以内には返信して下さい。
ぽんぽんとテンポよくメッセージが進むと、
気が合うと勝手に思ってくれます。

内容は、相手より2行程度長いメッセージ
を心がけましょう。

22時を過ぎたら、
夜分遅く申し訳ありません」など、
常識的な挨拶を入れたり、
「お聞きして良いか悩んだのですが」などの
クッション言葉を多用して、
上品な文章を心がけます。

なれなれしい言葉はNG。
男性も女性と同じくらい、
アプリでの出会いに警戒しています。
まずは常識的なイメージを植え付けます。

メッセージの頻度は、
相手からメッセージが来る限りは、
会うまではできれば毎日やり取りします。

連絡が途切れてしまったら、
2日空かないようにしたいので、
2日目の夜遅くまで待ってから
自分からメッセージをしてもOK。

待っているだけでは、
記憶の彼方に忘れられてしまいます。

会う気がある男性は、
数日やり取りしたらLINE交換を申し出てきます。
LINEを交換したら、
すぐにデートに誘われるはずです。
自分からは誘いません。

誘われないまま、
LINEのやり取りだけしている場合は、
相手に他の有力な女性がいるなどの
事情があることがほとんどです。
やめておいたほうがいいでしょう。

 

■初回デート

初回のデートはできればランチがベターです。
ドライブやカラオケや漫画喫茶に誘う男性は、
からだ目的ですので注意してください。
何か理由をつけて、
普通のお食事デートに変えてもらいます。

結婚願望が高い男性で、
なおかつ女性のことを気に入れば、
初対面でも結婚願望はあるか聞いてきます。

話の流れ次第なのですが、
初回~3回目のデートまでには、
結婚願望があるかいつ頃したいか
についてお互いに話しておきます。

男性は、女性のことが気に入れば、
結婚願望がそれほどなくても、
その女性の結婚願望に合わせてきます。

ここではまだ、
そこまで本音は出ていませんので、
またお付き合い直前にもう一度確認します。

 

■デート中のスキンシップ

初対面でも、手をつないでくる人もいます。
何回目のデートになっても同じなのですが、
まず、付き合う前に
手を繋がないようにしてください。

「僕のことが好きだ」と
手に入れた気分にさせてしまい、
最初は熱心でも、
徐々に相手優位になっていきます。

相手が手をつないでこようとしたら、
「わたし真面目過ぎるところがあって、
今はごめんなさい。
でも、イヤとかそういうのじゃないです。」
とあたふたした感じでかわいく装って、
恥ずかしそうにやんわり断ります。

これも大事なのですが、
体の関係は、
できるだけ先延ばしにして下さい。

付き合う前や、
付き合うことになった当日もダメです。
出会ってすぐ付き合うことになっても、
初対面から数えて最低でも
5回デートしてからにして下さい。
もっと延ばしてもいいくらいです。

体の関係になったら、
女性のほうが相手に情が移り
のめりこみやすいからです。

女性のほうの「好き」が
男性より勝ってしまったら、
スピード婚は絶対にありえません。

いつまでも婚活アプリで
だらだら婚活している女性の特徴は、
体の関係になるまでが早すぎます。
考え方を変えましょう。

 

■お付き合いすることになったら

できれば、
きちんと告白してくれるのが望ましいです。

節目もなく、なし崩し的に、
「お付き合いしている風」になっていく
こともあると思いますが、

その男性は、
告白とかプロポーズとかいう
概念がない人なので、

終始そのペースに引きずられて、
この先も結婚までは苦労するでしょう。

告白されたら、
ちょっと待ったをかけましょう。
「真面目すぎるわたしでごめんなさい」
と前置きし、

「わたしは、次に付き合う人とは
結婚したいと思っている」と言います。

相手の様子を見つつ、
「わたしは〇〇までに結婚したいと思っています。
あなたの正直な気持ちは?
わたしと、と言うことでなく、
今まで思っていた正直なところを聞かせて」

結婚願望があっても、
時期までは具体的に考えていない
男性がほとんどです。

結婚願望があると答える多くの男性が、
早くて1年後、
平均して2~3年くらい付き合ってから
考えようと思っています。

ですので、
時期は明確に伝えておきます。
目安としては、
「遅くとも半年後までには結婚するか決めて欲しい」
と言っておくのが妥当でしょう。

「入籍」「プロポーズ」「結婚式」
という言葉は、
女性思考なので、
あまり使わないほうがいいかもしれません。

「結婚するか決める」「一緒に住む」
などの言葉が、
男性にはしっくりくるようです。

ここまで話して、
結婚願望の高さに引かれてしまったら、
「結果が早く分かって良かった」
と割り切りましょう。

結婚願望のない人を
結婚に持っていくのは至難の業です。
授かり婚以外のスピード婚は望めないでしょう。

結婚願望が高いことの
何がいけないのでしょうか。
真面目に考えている人が、
真面目に考えていない人よりも、悪いわけがありません。

確かに、女性に比べて男性のほうが
断然、結婚願望は低いのですが、
男性にも、
人生に結婚願望が高まる時期が一瞬あります。

そのタイミングが来ている男性と出会わないと、
スピード婚はあり得ません。

いくら好きでも、男性のいいなりにならない、
と心に決めましょう。

物分りのいい女は、悲しいですが、
なかなか幸せになれません。

それどころか、
既婚者や自分勝手な男性が
あなたの物分りの良さを
嗅ぎつけて寄ってくるようになりますから、
負のスパイラルです。

 

■お付き合いが始まったら

結婚時期についての考え方を理解したうえで、
お付き合いを開始します。

アプリは一緒にやめます。
「僕はやめるね」と
先に言ってくれるのが自然です。

やめる様子がない場合は、
一緒にやめようとハッキリ伝えて下さい。

 

■お付き合い1カ月

付き合った後は、
「プロポーズ」「婚約」「結婚式」
などのワードを多用するよりも、
彼の「一緒に住みたい願望」を
煽るのが正解。

「一緒に住んだら楽しいだろうね」と
チラッと言ってみて下さい。

彼が食いついてきたら、
タイミングを逃さずすぐに、
住みたいエリアにお散歩デートに行ってみます。

そのエリアの家賃相場などを一緒に調べたり、
不動産屋さんをのぞいてみたりして、
その気にさせます。


女性は「結婚前に同棲なんて嫌だ」
と思う人が多いでしょう。
でも、その気持ちを抑えて、
ここはいったん
一緒に住む話に乗ったふりをして下さい。

過程より結果を重視して、
最終的に自分の望む通りになれば良いと
頭を使いましょう。

その後、
彼が本気で同棲に動き出したタイミングで、
「親に挨拶してからでないと・・・」
と後出しじゃんけんを仕掛けます。

ここで、きちんと親に挨拶してくれる彼なら合格。
嫌がるようなら別れを考え始めます。
同棲の話は、このための試金石です。

親への挨拶の場では、
親にお願いして仕込んでおきます。
できれば父親に言ってもらうのが効果的です。

「本来は同棲は認めたくない。
だらだら同棲するのはよくないから、
半年くらいで結婚するのか決めなさい」
と言ってもらいます。

彼女に迫られるよりは、
男と男の約束という感じになって、
彼も男として見くびられたくなく、
本気で結婚を考え始めます。

結果、同棲とほぼ同時に
プロポーズや入籍に持っていけるのです。

プロポーズ→家探しの順番にこわだると、
いつまでも彼が決心できません。

家探し→プロポーズという
一見、不自然に見える流れこそが、
彼に決心させるために敷いたレールなのです。

これだけでなく、仕事や親のことがあったり、
既に家を購入しているケースもありますから、
もう一押しの戦略は必要になることが多いのですが、

このようにして、
結婚相談所で出会ったわけではなくても、
スピード婚を叶えた女性は、
弊社にもこれまでたくさんいました。

 

自分で勇気を出して言葉にしたりと、
なかなか難しいこともありますが、

やはり、
なんとなく結婚できる時代ではありませんから、
なんでも口に出して伝えるのは、
時代の流れなのだと思います。

 

結婚について触れないまま
お付き合いして1年経った頃、
「結婚してくれるの?」と問いただしたら、
それは彼氏にとって
押し付けや脅しに感じられてしまいます。

でも、付き合う前に、
「私はいついつに結婚したい」
と言っておけば、
逆にそれはふたりの目標になる。

 

理想の結婚を
「ただの妄想」に終わらせないために、、、
男性には、
どのような表現で言葉にすれば伝わるのか、、、

お見合婚活をしっかり取り組んだ後だからこそ、
相手の立場に立って考えることができ、
選ぶ言葉が変わります。

それは、後々の結婚生活でも
生きてくるはずです。

婚活で苦労した女性は、
旦那さんを上手に転がすのが
確実に上手になっているはずです。

苦労にも意味があったことが、
後になって理解できる日が必ず来ます。

 

 

さて、「スピード婚が叶う行動戦略」が長くなりましたが、
ケイさんの成婚レポートに話を戻します。

ケイさんのお話しいかがでしたでしょうか。

 

彼氏ができても、結婚には至らない
、、、と悩んでいる女性に、
とても響くキーワードが
たくさん詰まっていたのではないでしょうか。

 

ケイさん、、、

婚活のリアルな体験記を
シェアしていただきありがとうございました。

奥様のことが好きすぎて
毎月記念日をお祝いしてしまう
旦那さまの愛情に包まれて、、、

末永くお幸せに。

多くの女性の助けとなりますように。

———————————————————-

【東京・東京駅・日本橋】結婚相談所
会員制パートナー紹介エージェント
『ブライダルインテリジェンス』

読むだけで1日1歩幸せな結婚に近づく
『結婚前提彼氏』と出会うための
初めての婚活成功365日メールサロン

読者登録はこちら↓↓↓
https://br-intelligence.com/mail-magazine/

mail01

関連記事