1. HOME
  2. ブログ
  3. 【成婚ストーリー☆32才女性】出会いはあるのに結婚相談所を訪れた理由【1話目】

【成婚ストーリー☆32才女性】出会いはあるのに結婚相談所を訪れた理由【1話目】

32才女性成婚ストーリー画像1

 

こんにちは!ブライダルインテリジェンスの山本です。

今日から10回に渡って、大企画がスタートします!!

 

成婚退会をした32才りえさん(女性)へのインタビュー

8ケ月の活動と39回のお見合の全てです

 

昨年の11月1日に活動スタートして、先月成婚退会するまで、

ありのままの気持ちの変化を赤裸々に語ってくれています。

 

そして、驚くべきは、彼女の成績!

39回というお見合いの回数の多さもさることながら、

一度もお見合で、お断りされていないのです。

 

元々、彼氏も途絶えたこともないという恋愛の達人の彼女。

32才に至るまで、ちゃんとお付き合いした人は15人。

 

それまで、同棲したりプロポーズされたり、結婚を意識したことは数知れず。

でも、結局は結婚に至らなかった。

 

気付けば自分も32才。

こんなことを続けていても、恋愛はできても、結婚できないのではないか?

と不安になり、フィアンセと別れた直後に、ご入会いただきました。

 

登録初日から、100人近くから申し込みがあり、

できるだけたくさんの人と会って決めたいと意気込んでいたので、

1日3人とお見合いを頑張った日も。

 

8ケ月の活動期間で39人とのお見合い回数は、多過ぎてびっくりするかもしれません。

でも、モテるからと言って、すぐに結婚する訳ではないのです。

 

むしろその逆。

これまで素敵な人とお付き合いしてきた分、それを超える人とでないと、

結婚は考えられなくなります。

 

条件、性格、自分への愛情、全てが過去の素敵な人たちより上回る人が、

果たしてこの世に存在するのだろうか・・・。

 

美人でモテる女性ほど、婚活は困難です。

 

でも、いつでも出会いがあり、いつでも彼氏くらい見つけられる彼女が

どうして結婚相談所での出会いを選んだのか。

 

そして、一度もお見合いで断られないという39戦39勝の奇跡を

お見合一人目から回想してくれています。

 

今日から、10回に渡って、インタビュー形式でお届けしていきます。

 

ラブラブなおふたりのお写真です(*^^*)

 

seikon

 

——————————————————————-

山本

りえさん、この度は、ご成婚おめでとうございます。

先日、彼と彼の担当者も含めて4人でお祝いをさせて頂きましたね!

 

とっても素敵な彼で、お似合いのおふたりでした!

今回は、インタビューのご協力ありがとうございます。

 

りえ

ありがとうございます!

ホントに彼と出会えたことがうれしすぎて、

この気持ちを何か記録に残したいと思っていたので、

今回のお話しとてもうれしいです。

 

山本

それではまず、結婚相談所で結婚相手を見つけよう

と思ったいきさつを教えて下さい。
りえ

結婚相談所に入る直前、

プロポーズしてもらっていた彼がいたのですけど、

お付き合い当初からケンカが絶えなくて、

話し合いにもならないことに結構悩んでいました。

 

「結婚してもダメそう」と思いながらも、

「私も歳が歳だから、わがままも言ってられない」と自分に言い聞かせて、

「ケンカのことはさておき、普段は優しいし、良いかな」

と思いながら付き合っていたんです。

 

彼も同じように考えるようになっていて、ケンカをしたくないから、

いつの間にか私たちは上辺だけの付き合いになっていたんです。

 

同棲もしていたし別れるタイミングもなかったのも、

自分をごまかしていた大きな理由の一つです。

 

だから、結局最後の最後、

彼からのプロポーズが別れるきっかけになりました。

 

「結婚相談所が意外と良いらしい」という話は、

以前から友達に聞いていたので、

彼と別れたら、相談所に入ろうと決めていました。

 

というのも、いくら次にまた付き合っても、

結婚できるかなんて分からないじゃないですか。

 

私は、実は今まで、けっこうたくさんの人とお付き合いしました。

数えてみたら、15人・・・

だから、無駄に人数だけ増えてしまうところから早く抜け出したかった。

 

とにかく、恋愛はもう十分してきた。

次は結婚がしたい。

という気持ちが「次は結婚相談所で出会おう」と思った理由です。

 

山本

最近は、そういった考え方で結婚相談所を訪ねてくる

若い女性が増えています。

昔ほど「最後の砦に来ちゃった」みたいな

敗北感を感じている人は少ないですね。

りえさんもそうでしたね。

 

りえ

はい、自分では全く相談所が恥ずかしいという気持ちはありません。

でも、一応、会社の人やあまり親しくない友人には、

彼との出会いは紹介ということにしてあります。

というのも、本当に仲が良い人なら分かってくれるのですが、

そうではない人はやっぱりわかってくれないだろうなというのはあります。

 

私は今までコロコロ付き合う人を変えてきたから、それで最終的に、

結婚相手は結婚相談所で出会った人って知られたら、

誤解されるだろうなって。

 

何も知らずにそれだけ聞いた人は、

彼のことを「条件だけで選んだ」と受け取るかもしれない。

 

最初は、実は私もそういうつもりで婚活を始めました。

収入も職業も初めから分かったほうが効率的だって。

 

でも、彼は、全然そういう基準で選んだわけじゃないんです。

 

会社の男性の先輩に結婚報告をした時に、誰から聞いたのか、

「お金出して知り合ったんでしょ?」と言われちゃって。

 

でも最終的には、「君が良いならいいんじゃない」って言ってもらえたけど・・・

やっぱり、人によっては、「結婚相談所イコール条件」

て思う人もまだまだいっぱいいるじゃないですか。

 

だからちゃんと説明できる人以外には言わないことにしたんです。

どんなに説明しても言い訳に聞こえちゃう。

 

幸せな気持ちは彼と二人でかみしめるのが良いんだなと!

だから彼のことを「条件だけで選んだ相手」と思われないためにも、

何も知らない人には結婚相談所で出会ったって言わないようにしています。

 

自分でも条件で選ぼうと思って入会した部分もあるのは否定できないから…

でも、条件じゃない「本当に大好きな」人と会えたっていう喜びを、

説明したい気持ちがとても強いので、

この場で思いっきりお話しさせて頂きます(笑)

 

なんなら、山本さんに『婚活体験記の本』にして欲しいくらいです!!

 

 

【2話目】32才女性成婚ストーリー~お見合い前半戦!衝撃の初日3人!へ続く

 

——————————————————-

【東京・東京駅・日本橋】結婚相談所会員制パートナー紹介エージェント
『ブライダルインテリジェンス』

読むだけで1日1歩幸せな結婚に近づく
『結婚前提彼氏』と出会うための
初めての婚活成功365日メールサロン
読者登録はこちら↓↓↓
https://br-intelligence.com/mail-magazine/

mail01

関連記事