1. HOME
  2. ブログ
  3. 32才女性結婚相談所成婚ストーリー~煮え切らない彼との別れ18回目の正直【6話目】

32才女性結婚相談所成婚ストーリー~煮え切らない彼との別れ18回目の正直【6話目】

りえ

13人目は、銀行マンの方でした。

お見合いの時にナルシストだなとは思っていたのですが、

1回目のデートで、1輪のバラをプレゼントされました。

思わず帰り道に捨ててしまいました。すみません…

 

山本

お花に罪はないけどね…。

男性は、女性はお花が好きだと思っている人が多いけど、

お花そのものが好きというより、愛の象徴として好きなのよね。

 

だから、好きな人からもらったバラ一輪はうれしい。

一日でも長持ちするように、毎日水を変えて、ドライフラワーにまでする人も。

 

でも、好きでもない人からプレゼントされた大きな花束は、

見るたびに罪悪感にかられて、一度も水を変えないとかありますよね。

 

やっと枯れて捨てることができた時にホッとしたなんてことも(笑)

 

 

りえ

そうそう。お店に忘れて帰ったこともあった。

取りに帰る時の気まずさったらないですね。

 

この辺でなかなか巡り会えないもどかしさと、

そもそも自分がどんな人を求めているのかも分からなくなってきて、

だんだん惰性でお見合いするようになってきちゃって。

 

14人目の人は、39才なのに60才くらいに見えました。

一緒に歩いている絵が全く想像できなかったです。

 

15人目は、36才の人で、初対面で「俺は若い女しか行けない」って

本音を言ってました。

 

私が「もう32才ですいません」と言ったら、

「本当は20代がいいけどけっこう断られるから30代でもいいやと思って」

と返答をされたので、「なんだこいつ!」と思いました。

そんな失礼な人はこっちもお断りです。

 

16人目の人は、可もなく不可もなく無難。

印象に残ることがなく、もう一度会いたいと思えなかった。

 

17人目は、バツイチの人。

イマドキな感じの写真のイメージと違って、色白で華奢な方。

良いなと思ったのですが…うーん…バツイチじゃなかったら、

もう1回会ってみたかもしれません。

 

18人目でやっと好きになれる人に出会いました!

でも結局3ヶ月目でフラれた。

そういえば、次の日会社休んだんですよ(笑)。

「今日は会社休みます」みたいな。

交際が3ヶ月で長引いていて、付き合ってるのだかもはっきりしなくて。

 

 

山本

出会ってから3ヶ月で、本人たちに気持ちを確認するのが

結婚相談所の仕組みだからね。

 

平均では3ヶ月で結婚を決めてプロポーズする人が多いけど、

とは言え、本人同士の気持ちが大切だから、無理強いもしません。

 

でもせめて、『真剣交際ステータス※』に変更するように間に入ったのよね。

(※他の人とお見合いが出来なくなるシステム上のステータスのこと。

一般的な考え方に置き換えると、実質的に彼氏彼女になったという認識とほぼ同じ)

 

 

そうしたら、「僕は3ヶ月で決められないから自分には結婚相談所は合わない」

と言ってお断りしてきましたね。

私としては、ただ単に、付き合っているのかどうか、

はっきり第三者に名言できるか確認しただけでした。

 

 

りえ

ふたりの間では、付き合っているのと何も変わらなかったから、

私としては、彼が言うように、

結婚相談所の流れに乗らなくてもいいと思っていました。

 

だから、上手く行っていると思っていたのに、

「なんでフラれたの?」ってショックで。

相談所の仕組みが悪いって、正直思いました。

その時は、「もうこの人しかいない」と思っていたんです。

 

 

山本

「話し合わない、決められない」という人は、

いくら待っても、話し合わないし、決められない。

残念だけど、彼にとって、

結婚の決め手がなかったと思う以外にどうしようもないですね…。

 

 

りえ

「結婚相談所の仕組みが合わない」と言いながら、

彼は退会していなかった。

 

私が成婚退会した後に、突然メールが来ました。

「最後に、君を検索したんだけど、いなくなってた。どうなったの?」って!

だから、「婚約しました!」って言ってやりました。

 

そうしたら、「君はいい子だから幸せになって欲しい」って返信が来ました。

その時改めて考えたら、彼の事は本当に好きだったんじゃなくて、

なかなか素敵な人にめぐり会えなくて精神的に滅入ってた所に、

見た目と条件のいい彼が現れたから依存しちゃってたんです。

 

性格的にはものすごく優柔不断で頼りないのが気になっていて、

食べ方が汚いのがとても嫌でした。

今思えば、気心が知れているわけでもなかったのかも。
なので実は、私も18人目の彼には内緒で他の人とお見合いをしていました。

 

並行しながら、19人目と会いました。

大阪人で良くしゃべる人だったけど、なんか違かった。

 

20人目と21人目は、覚えていないんですよね…。

 

18人目の彼と出会って、頭がいっぱいだったのと、年末で仕事が忙しかった。

 

22人目は、〇〇〇の職業の人。

〇〇〇の人は、精神病んでいる人が多いと本人が言っていて、

大きな闇を感じたので(笑)お断りしました。

 

23人目は、商社の人。

地元が近くていいと思ったけど、話がダントツつまらなくて、

1回お食事して終わりました。

 

24人目は、モテるけど、敢えて結婚してこなかったタイプに見えました。

細かいこだわりが多くて付き合うのは疲れそうだと感じました。

話好きで2時間くらいお見合いしましたが、俺理論が熱かったです。

 

25人目は、性格も年収も見た目もバランスが良かったけど、

何回会ってもトキメキ的なのを感じることがなかった。

「取引先で仲いい人」みたいな関係でした。

他にもお見合いしてる人がいるんだろうなという感じもして、

一歩下がって接していたのかも。

 

26人目の人は、何か普通じゃない人(笑)。テンションが高くて怖かったです。

 

27人目の人は、覚えてないです。

 

28人目は、写真はおじさんだけど、実物はかっこよかった!

1回デートして盛り上がったのに、

山本さんを通して、向こうからお断りがきました。

それなのに、「飲みには行きましょう」とメールが来て戸惑いました。

「結婚となると違うけど、また会いたいのだと言われました。」

危うく飲み友達にされるところでした。

 

29人目の人は、お見合いなのに変な私服で来ました。

濃いめの細いデニム、ベロアジャケット、チェックのYシャツ、

トレッキングシューズ(ホーキンス的な)の組み合わせがものすごい嫌でした。

一瞬で趣味が合わないことを悟りました。
この辺は神経がすり減っていたのか、

お見合いする方々のいい所を見られなくて、

悪い所ばかりが目についてしまい悩んでいました。

 

ちょうどその頃、煮え切らない元カレと、3ヶ月の期限でフラれた時期です。

1ヶ月何もせずにいました。

 

でも、会社の先輩や山本さんに色々アドバイスされて、

落ち込んでばかりもいられないと思って、

またお見合いを再開しました。

 

前の彼の経験を経て、お見合でも、好きな人に出会えるんだと思ったら、

ひたすら出会い続けようと思いました。

 

【7話目】32才女性成婚ストーリー~出直しお見合い!お見合い後半戦30人目に突入

——————————————————-

【東京・東京駅・日本橋】結婚相談所会員制パートナー紹介エージェント
『ブライダルインテリジェンス』

読むだけで1日1歩幸せな結婚に近づく
『結婚前提彼氏』と出会うための
初めての婚活成功365日メールサロン
読者登録はこちら↓↓↓
https://br-intelligence.com/mail-magazine/

mail01

ご入会無料相談はこちら

LINEお友だち登録はこちら

365日メールサロン無料登録

読むだけで1日1歩幸せな結婚に近づく
『結婚前提彼氏』と出会うための
初めての婚活成功365日メールサロン
読者登録はこちら↓↓↓
https://br-intelligence.com/mail-magazine/

関連記事