1. HOME
  2. ブログ
  3. 初めてのお見合い相手とご結婚!結婚相談所では婚活プロフィールに自己紹介をしっかり書き込むべし!

初めてのお見合い相手とご結婚!結婚相談所では婚活プロフィールに自己紹介をしっかり書き込むべし!

 

今回のご成婚レポートは、なんと!

一人目のお見合いのお相手と
スピード成婚した女性の体験談です。
活動期間は5ヶ月。

 

32才女性(会社員)38才男性(会社員・東京大学卒業)

というカップルです。

 

お見合いの時点で、
「この人と結婚するかも」
という予感があったそうです。

その理由は、
『家族と笑いかたが似ている』から。

「あはは」と大きな口をあけて、
くしゃっとした笑顔で笑った
彼の表情を見て、
「うん、この笑顔!」と
ビビッと感じるものがあったのだそうです。

 

初めてのお見合を前に、
とても緊張していたたかこ(仮名)さん。

お相手のプロフィールをしっかり読み込んで、
どんな質問をするかなど考えていたら、
ますます緊張が高まって
ドキドキしていたそうです。

 

ですが、お見合いが終わり、
お電話で感想をお聞きしたところ、
「とっても良い方で、
プロフィールより素敵で優しい方だった!」
と喜んでいたことを覚えています。

 

一人目のお見合いで、
結婚相手に出会えるなんて、
本当にうらやましい話、、、

私はこの仲人のお仕事を始めて
9年ほどなのですが、実は、
「二人目」は何度かありましたが、
「一人目」のお見合いでご成婚、
というのは初めてでした!

 

婚活が長引いてしまっている人から見ると、
「どうして私は・・・」
と落ち込んでしまうかもしれません。

 

ですが、たかこさんだって、
何も悩まずに簡単に結婚できた
ラッキーガールというわけでは
決してなかったのです。

 

これまでの人生では、
「もっともっと成長しなくては」と、
ご家族のために尽力したり、
一方でお仕事でも挫折を味わったり、

自分のために何かを自由に
充実させることが難しかった時代が、
ずっと続いていたそうです。

 

ですが、今年に入って、
不思議と様々な問題が解決していき、
肩の荷が下りた状態を
久しぶりに味わうことができのだそうです。

「自分の幸せだけを
考えていい時がやってきたのだ」
と、強い気持ちが働き、
「今しかない!」という原動力で、
婚活に向き合いました。

 

これまでのご苦労の多かった時期に、
人生について様々なことを考え、
「私とはこういう人間」というものを
掴むことができていたのでしょう。

 

結婚相談所に登録する時点で、
かなり自己分析が進んでいて、
自分の人生の振り返りや、
なりたい未来のイメージが、
その理由とともに、
とてもはっきりと言語化できていました。

 

「自分自身や家族のありのままを
等身大で全て受け入れ、
大切する家庭を築きたい」

ということがキーワードとなりました。

 

こういった自己分析をもとにして、
IBJシステム登録前には、
自己紹介文章を作るための
コンサルを行っています。

理想とする結婚生活から、
お相手像をある程度固めて、
プロフィール文章のどこを膨らませるか
話し合って仕上げます。

 

たかこさんは、専業主婦のお母様の
完璧な家事ぶりを見てきたこともあり、
家の中を快適に整えることに
労力を割くタイプでした。

だからと言って、
これからの時代のことを考えると
専業主婦になりたいというわけでもなく、
葛藤を感じていました。

同じようなお気持ちの女性も
多いことと思います。

 

「自分が稼ぐから家事はやってね」
という男性に対する拒否感のような
もやもやした感覚もありました。

そのため、家事や子育てを
「手伝う」感覚ではなく
「一緒にやる」という感覚を
持ってくれそうな人を選ぼう
ということにもなりました。

 

そういった気持ちの部分なども
プロフィールの自己紹介文章に多く盛り込み、
長めの自己紹介になったのですが、

それも早い成婚となった
一つの理由なのではないかと思います。

 

コロナ前は、どちらかというと、
お見合いさえ組めれば良い!?
というような感覚で、
とにかくプロフィール写真重視、
美しく盛り盛りにするような
風潮もあったのですが、
コロナ禍では、無駄なお見合を減らして、
感染リスクの少ない
婚活をすることも大切ですね。

 

自己紹介文章に、
自分や家族について多く書くことで、
最初からお見合成立するお相手を、
振るいにかけておく
という対策も一つの手です。

 

それでは、たかこさんの体験談をお読みください!

 

 

たかこさん(32才)の成婚レポート

 

1、活動のきっかけは?

30代になって
自分の身の回りのことが落ち着き、
自然と結婚したいと思うようになり、
婚活を始めました。

婚活といっても何をしていいかわからず、
知人の紹介を中心に活動していました。

当初、結婚相談所への入会は
あまり考えてなかったのですが、
婚活を始めたばかりの頃に登録した
山本さんのメルマガが面白かったので、
無料相談にとりあえず
行ってみることにしました。

実際にお会いしたら
雰囲気の素敵な方だったので、
この方と一緒なら頑張れそう!
と思い入会を決意しました。

 

2、当初の理想の結婚相手・結婚生活は?

おおらかで一緒にいて安心できる人。

また、私自身恵まれた家庭で育ったため、
安定した収入の方が良いと
漠然と思っていました。

あと共働きの場合は、
家事や育児など共有しあえる人
と考えていました。

 

3、お見合いを始めてみてイメージと違ったことはありましたか?

事前に詳しく説明を受けていたので
イメージの違いは特になかったです。

ただ、こんなに早く退会できるとは
全く想像してなかったです。

仕事も忙しく、
また元々アクティブなタイプでもないので
マイペースにお見合いしようと思っており、
半年くらいかけて
とりあえず30人くらいの方と
お見合いすることになるのかな?
とイメージしていたので・・・

 

4、どのようなお見合い相手がいましたか?

1人目 38才 会社員

1人目のお見合いが今の彼です。

彼とのお見合い前後に、
既に先々のお見合いが確定していたため、
決まっていた分はキャンセルせず
お見合いしました。

 

2人目 30代前半 会社員

優しそうな雰囲気の方でしたが、
こちらが質問しようとすると、
お相手が次の話題に変えてしまう
といった感じで、
会話のテンポが合いませんでした。

 

3人目 30代後半 教師

ちょっと人見知りなのかな?
と思いましたが仕事の話が面白く尊敬でき、
またお話ししてみたいと思ったので
仮交際に進みました。

仮交際後は事務的な連絡しか来なくて、
お仕事も忙しいのか返信も遅かったです。

1人目の彼と毎日LINEや電話をしていたので、
気持ちにかなりの差がついていました。

あと、毎日出勤前に
和朝食をしっかり食べると仰っていて、
ギリギリまで寝てるタイプの私に
朝から焼き魚とかを用意できるかな?
と、その点がかなり不安でした。笑

 

4人目 30代半ば 会社員

私と同じ大学出身の方なので
お話しするのを楽しみにしていましたが、
失礼な発言が気になる方で、残念でした。

このあたりから、
1人目の彼とうまく行き始めていて、
真剣交際の話も出ていたので、

よほどピンとくる方でなければ
お断りしようと
あさ美さんとも話していました。

 

5人目 30代前半 会社員

キリっとしたお写真の印象や
難しそうなご職業のイメージとは違って、
話すと可愛らしい方で、
ギャップが素敵な方でした。

ですが、どちらかというと
男らしい方が好みのタイプなので、
私の好みとは違うと思いました。

 

6人目 30代半ば 薬剤師

オンラインお見合いでした。
家族を大切にされている素敵な方でしたが、
埼玉を中心に生活されていて、
東京育ちの私には
一緒にいるイメージができなかったです。

 

7人目 30代後半 会社員

アイスがのった飲み物を
注文されていたのが印象的でした(笑)

資格などいろいろ勉強されている方で、
私の所有資格についても
とても褒めてくださいました。
でも、一緒にデートをする
イメージが持てませんでした。

 

5、彼の第一印象は?運命を感じたのはいつ?

お見合いの待ち合わせ場所で会った時は、
静かな人なのかな?という印象で、
会話が続くか不安でした。

でも話しだすと楽しくて、
笑顔が素敵な方だなと思いました。
仕事・家族・趣味・食べ物のことなど
たくさんお話ししました。

今思うと、最初から一緒にいて
居心地がよかったのだと思います。

あと帰り際に
「デートはどんなところに行きたいですか?」
と聞かれて嬉しかったのを覚えています。

お見合いの次の日、
彼と電話で話したときに
「あ、なんかいいなぁ」と思いました。

あと2回目のデートの時、
好きなキャラクターが同じだ
と分かった時は運命を感じました(笑)

 

6、彼との結婚の決め手は?

彼といると、親や兄弟といるとき以上に
自分らしくいられて、
生きているのがとても楽(ラク)
だと気づいたとき、
この人とずっと一緒にいたいと思いました。

とにかく彼のことが大好きですし、
彼も私のことを大切にしてくれているのを
日々実感できたので、
まったく迷いはなかったです。

 

7、どんなプロポーズしたか?いまはどんな結婚準備をしていますか?

夜景の見えるホテルのレストランで
「結婚しよう」と言っていただきました。

いまは、新居の物件探しと、
両家顔合わせの調整など、
年内の入籍に向けて準備中です。

 

8、活動期間は何か月でしたか?

約5カ月です。

3月に無料面談、入会、IBJに登録
4月にお見合いスタートで彼に出会う
5月のGW中に真剣交際に入る
6~8月にお互いの両親に挨拶を済ませ、
8月にプロポーズしていただき
成婚退会しました。

お見合い1人目で彼に出会ったので、
本当にラッキーでした。

ただ、彼と向き合う時間や、
私の家族に彼を理解してもらう時間を
比較的たっぷりとったので、
あっという間に終わったという感覚はなく、
濃くて充実した日々でした。

 

9、婚活成功の秘訣は何でしょうか?

自分自身をよく理解すること。

お相手云々の前に、
自分のことを理解していないと、
いい人が現れたときに
自信を持って
飛び込んで行けないと思います。

あとは、
婚活のプロであるあさ美さんにお任せする、
不安なことはすべて相談すること。

10、恋愛と結婚は違うと思いますか?

大好きな人と結婚するという点では、
恋愛と一緒だと思います。

ただ、結婚意欲の高い人、
育った環境が似ている人を好きにならないと、
結婚に至るのは難しいと思うので、
結婚相談所に入会し、
対象を限定したからこそ
上手く行ったのかな、とは思います。

 

11、理想や希望は叶いましたか?

はい、完璧です。

 

12、活動前の自分に会えたら言いたいことはありますか?

絶対に好きな人と上手く行くから大丈夫。

あと、一人暮らししていたこともあり、
活動前は費用面のことを心配していたのですが、
こんなに価値のある
お金の使い方は他にないから
自信を持って投資して大丈夫だよ!
と言ってあげたいです。

 

13、結婚相手を決めるのに大切なことは何ですか?

相手と一緒にいて、自分らしくいられるかどうか。

 

14、 同じ気持ちの同年代女性へのメッセージ

本気で結婚したいなら、
結婚相談所はとってもおすすめです。

思い切って飛び込めば、
人生が変わる出会いがきっと待っていると思います!

 

 

たかこさん、
貴重な体験談をシェアしていただき
ありがとうございました。

そんなたか子さんも、実は、
ブライダルインテリジェンスの
この記事を読んで興味を持って下さり、
メールサロンに登録→「お問合せ」
に繋がりました。

 

【成婚ストーリー☆32才女性】出会いはあるのに結婚相談所を訪れた理由【1話目】

【成婚ストーリー☆32才女性】出会いはあるのに結婚相談所を訪れた理由【1話目】

32才、というと、女性にとって、
婚活に本腰が入ってくる年齢です。

この成婚インタビュー記事に
色々な面で共感してくれたそうなのですが、
最も共感したのは、
「子供の頃から大事にしている
ぬいぐるみへの愛を
理解してくれる男性を見つけた」
というところだったそうです。

かわいいですね(笑)

 

大丈夫です、男性も、
好きな女性が擬人化するほど
大切にするぬいぐるみを、
大事に扱ってくれますよ!

時におもしろおかしくライバル視したり、
子供のようにあやしてくれたり、
ラブラブじゃれあうというのもよく聞く話。

仕事でストレスがある男性ほど、
家の中で無防備になれる女性に
癒されるのでしょうね。

 

たかこさん、想像もしていなかった
結婚相談所のお見合いでも、
大好きと思える人に巡り合えて
本当に良かったですね。

周りに尽くして自分を二の次にしていた
責任感のあるしっかりものの
たかこさんにとって、
なんでも話合えて甘えさせてくれる彼は、
最高のパートナーですね。

これからは、
頼れる人がいつも側にいる安心感に包まれて、
どうぞお幸せな日々を送って下さい。

 

———————————————————-

【東京・東京駅・日本橋】結婚相談所
会員制パートナー紹介エージェント
『ブライダルインテリジェンス』

読むだけで1日1歩幸せな結婚に近づく
『結婚前提彼氏』と出会うための
初めての婚活成功365日メールサロン

読者登録はこちら↓↓↓
https://br-intelligence.com/mail-magazine/

mail01

関連記事