1. HOME
  2. ブログ
  3. 10年続いた婚活を終わらせて幸せを掴んだ44才女性の成婚レポート

10年続いた婚活を終わらせて幸せを掴んだ44才女性の成婚レポート

 

ご成婚退会された元女性会員さまから、
ご入籍の報告がありました!

 

44才女性 会社員(海外大学院卒)

 & 45才男性 国家公務員(大学院卒業)

明るくコミュニケーション能力の高い
爽やかなカップルです。

 

弊社の所属する
結婚相談所連盟IBJの概念では、
成婚とはプロポーズのことです。

お見合い活動開始から
成婚までの期間は7カ月、
成婚から入籍までの期間は5カ月
ということで、
活動をスタートしてから、
ちょうど1年で入籍となりました!

彼と出会ってからは、
およそ半年での入籍なので、
びっくりするくらいのスピード婚だと
思うかもしれませんが、
結婚相談所ですと平均的ですよ。

 

結婚相談所に登録する前には、
この先どうなるのだろうと
不安でいっぱいだったたことを考えると、
1年後には
最高にハッピーな日が訪れているのだから、
人生とは、本当に分からないものです。

 

そんな幸せいっぱいのケイコさん(仮名)が、
同年代の婚活に悩む女性のために、
ご成婚までの体験をリアルに綴った
アンケートをを書いてくれました。

 

活動開始時のケイコさんのご年齢は44才。

上品で清楚、
スラっとしたスタイルの持ち主で、
とても綺麗な女性です。

 

でも、実はここだけの話、
婚活歴は10年だったのだとか。

毎年、誕生日が来るたびに、
にわか婚活を繰り返して、
結局これといった出会いがないまま
だったそうです。

そんな日々の中で、
お友達との何気ない会話の中で、
「結婚相談所も悪くないかもしれない」
と急に思い立ったというのですから、
不思議な話です。

 

今までとやり方を変えたり、
考え方を変えることは、
意外と難しいですから、
ケイコさんは、
ひらめきを大切にする
柔軟性の高い方だったのですね。

スピード成婚の秘訣は、
実は、
始める前にあったのかもしれません。

 

ところで、
女性が40代から結婚相談所に入るには、
”年齢的に差別を受けて
不利だろうし遅すぎる”
と思う方もいると思います。

そう考える方ほど、
(少し言い方がきついですが…)
自分の年齢に引け目を感じて、
「うまくいかない理由を
年齢のせいにしている」
のではないかと思います。

中には、自分の年齢に引け目があるから、
相手には年下の若い男性を望んで、
婚活をこじらせる人もいます。

 

自分が年齢で見られるのが嫌であれば、
相手を年齢で見ないようにして欲しいと、
私は内心思うものの、
若い男性が好きなのは
「変えられない好み」なのであれば、
とことん貫くこともひとつの選択肢です。

その場合、
ビューティーアップは絶対条件、
そしてとにかく出会いの数をこなすつもりで
図太く頑張る覚悟を持つことが重要です。

ただし、年下希望の方は、
ご期待に沿えない可能性が高いので、
婚活色の弱い出会いの方法も
並行すると良いと思います。

ひとまず彼氏を作ってから、
同棲に持ち込むなどの長期戦覚悟で
結婚に持っていくという選択肢も
持っておく必要があります。

 

結婚相談所以外の婚活の方法といっても、、
業者を利用するのであれば、
婚活アプリか婚活パーティーしか
存在しないのが現状。

コロナ渦で、
友達の紹介や友達主催の食事会、
趣味の集まりなどが
なくなってしまった今、
婚活の選択肢が
ぐっと狭まってしまいました。

なかなか、
自分にとって都合の良い婚活の方法
というものはないものですよね。

どれも一長一短で、
メリットとデメリットが混在しています。

 

結婚相談所は、
確かに年齢や年収が
プロフィールに明記されていますから、
数字で切られてしまうことは
否定できません。

でも、最初に年齢を知られるのと、
後から年齢を知られるのとで、
結果は大きく違うでしょうか。

出会った相手が、
その年齢に対して、
思うことは変わらないので、
先に年齢を知られて
デートが一度もできないか、
年齢を知られるまでは
何回かデートができるかの違いだけで、
結果はほとんど変わらない
のではないかと思います。

 

また、40代女性のお相手となる
40~50代の男性が、
婚活アプリに登録したり
パーティーに参加したりするかというと、
そうでもありません。

弊社の40~50代の男性会員様で、
婚活アプリに登録したり、
パーティーに行ったことがある人は
ほとんどいません。
(素敵な方も普通の方もそうでない方も)

男性に聞きますと、
他人の目があるパーティーは、
恥ずかしくて行けないし、
婚活アプリはサクラがいるのではないか
(今はそんなことはないと思うのですが
…昔はそうだったのかも)
と心配するようで、
社会的にしっかりしたご職業に
就いている男性ほど、
お見合が自分に合っていると思っている
傾向があります。

 

つまり、40代の女性ほど、
結婚相談所での婚活がおすすめです。

 

とはいえ、
40代の女性が結婚相談所に登録すると、
自分の年齢の不利さを
まざまざと思い知らされて
「とても辛い」と、みなさん仰います。

 

それもそうなのですが、
婚活アプリだろうが
婚活パーティーだろうが、
どのフィールドで婚活したとしても、
事実は事実で変わりないので、
自分に確固たる自信を持って、
気持ちを強く持つしか、
対策はありません。

自分を年齢で切ってくる相手には、
毅然として品位と笑顔を保って、
「私を振るなんて未熟者!」
くらいに勝ち気で行って欲しいです。
(でも、態度に出てしまっては負けです。
あくまで心の中だけ。)

今まで、何かあると
いちいち落ち込んでいたから、
40代まで一度も結婚しないで
ここまできてしまった
のではないでしょうか。

それか逆に、
落ち込まないタイプのかたは、
勝ち気さが表に出すぎている
可能性もあるので、
一概には言えないのですが・・・

 

前置きが長くなってしまいましたが、
40代の女性で、
結婚相談所に入るか悩んでいる、
または入っているけど
うまくいっていないという方に、
ケイコさんのこの成婚レポートを
読んでいただきたいです。

 

「年齢的に不利だから
結婚相談所には抵抗がある」
と悩んでいる方には、
とても参考になるご意見を
書いてくれています。

ぜひご覧になってみて下さい。

 

ケイコさんが、
10年続いた婚活を一変、
結婚できた理由は!?

 

 

 

1、 活動のきっかけを教えて下さい

友人の紹介です。
昨年9月に友人とランチをしていた時、
いつものように「出会いがないの~」
とボヤいていたところ、
私と同年代のご友人が
結婚相談所で出会ったお相手と
あっという間に結婚し、
最近出産された、
と教えてくれました。
同年代の方のリアルなお話に
「すごい・・・!」と感銘を受け、
まずはお話だけでも伺いたいと思い、
ブライダルインテリジェンスを
紹介していただいたのが
全ての始まりでした。

 

2、 当初の理想の結婚相手、理想の結婚生活はどのようなものでしたか?

入会時のアンケートには、
このように記入していました。

理想の結婚相手:
・ 一緒に笑いあえて、話が尽きない人。
・ 心優しく情の深い人。
・ 家庭環境、学歴が似ている人
・ 仕事に誇りを持ち楽しんでいる人

理想の結婚生活:
穏やかでしみじみ幸せを感じるような生活。
例えば、一緒に囲む食卓など、
毎日繰り返される生活
そのものが幸せであるような生活。

 

3、 お見合を始めてみて想像と違うことはありましたか?

お見合いではほとんど緊張せず、
意外と楽しく会話できたことです。

普段から仕事でお客様に接している
こともあるかと思いますが、
幸いにも
普通に感じの良い方が多かったですし、
また、お見合相手はだいたい
自分の年齢+5~10歳位のイメージだったのが、
実際は同年代~+5歳以内だったので、
話しやすかったのかもしれません。

 

4、 覚えている限り、お見合相手とその感想を順番に教えてください。

全部で15人です。

1) 45歳・会社員:
年齢も職種も同じで話が合いそうなのに、
昇進したくなかった、独身最高、
など、後ろ向きの発言が多く、
お見合い当日も朝まで飲んでいたそうで、
なぜ婚活しているのか?
不思議な方でした。

2) 49歳・会社員:
良い方でしたが、
プロフィール写真と実物が
別人くらいに違っていました。

3) 44歳・会社員:
大らかそうな方でしたが、
ちょっと違うかな・・・
と思ってしまいました。

4) 48歳・高校教師:
穏やかそうな方でしたが、
お茶をズズーっと音を立てて飲むので、
おじいちゃんみたい・・・
と思ってしまいました。

5) 50歳・高校教師:
ほとんど休みがないほど
仕事で忙しくても、
ほぼ毎日メールをくださるマメな方でした。
人間味溢れるメールの文章と、
会っているときの気のない感じ、
というギャップのせいで
余計に気になってしまい、
5回も食事をしましたが、
やはり最後まで距離は縮まりませんでした。

6) 50歳・会社員:
たしか営業の方で、
ゴルフの話ばかりだったので、
聞き役に徹していました。

7) 50歳・高校教師:
緊張されていたのか会話が続かず、
お互いに笑うしかない、
という感じでした。

8) 50歳・会社員:
大手企業に新卒から勤務されていて、
お見合いでは感じが良かったのですが、
その後いただいたメールが
毎回長くて日記みたいで、
かなり引いてしまいました・・・。

9) 47歳・会社員:
理系の研究職で、
スポーツ好きでバツ1、
女性慣れしていて
食事のお誘いもスムーズでした。
離婚理由も率直にお話し下さり、
感じ良い方でしたが、
お互いに何となくピンとこない感じでした。

10) 48歳・会社員:
話をしていて、気が短く待てない方、
という印象を受けました。

11) 48歳・会社員:
笑顔を絶やさない感じの良い方でしたが、
何かフィーリングが合わなかったです。

12) 49歳・研究員:
留学という点では
話が合うところもありましたが、
自分を評価しない人への批判を繰り返すので、
会話を続けるのがツラかったです。

13) 45歳・国家公務員:
現在の彼。さわやかで腰の低い方、
という第一印象でしたが、
話してみると飄々としていて面白い人でした。
いろんな話をして、たくさん笑って、
気が付いたらあっという間に
2時間も過ぎていました。

14) 45歳・会社員:
婚活に熱心すぎるのか、初対面なのに
「いつまでに結婚したいですか」
とか聞いてきたり、
自分自身の婚活事情を
打ち明けてきたのには驚きました。

15) 50歳・大学教授:
プロフィール写真より
実物の方が洗練されていて素敵でした。
留学つながりの接点が
いくつか見つかったのに、
なぜか話が弾まない感じでした。

 

5、 ご主人と出会ったのは何人目のお見合でしたか?

13人目です。
2カ月半の仮交際が終了し、
久しぶりにお見合いを
再開した直後の出会いでした。
「婚活中は落ち込むようなことが
1~2度はありますが、
その直後に出会った人と
結婚することが多いです。
ですので、ケイコさんも
この直後の出会いは
結婚に結び付く可能性が高いので、
ここで休んだりとまったりせず、
淡々とまた出会いを繰り返していった先に、
報われる日がありますので、
気力を振り絞って行きましょうね!」
と、あさ美さんがかけて下さった言葉は、
やはり真実でした!!

 

6、 ご主人の第一印象は?運命を感じたのはいつ?

好青年!話すと面白い人。

運命を感じたのは、
プロポーズを受けてからです。
改めてお見合いの日から
当日までのことを思い出してみると、
結局は自然な流れに乗っていたようで、
これが運命なのかも、
と思いました。
どんなに仕事で疲れていても
彼だったら会いたいな、
と思って毎週会い続けていました。
会っている時は
「婚活」だということを忘れてしまうくらい、
本当に楽しかったです。

 

7、 ご主人との結婚の決め手は?

初対面からずっと印象が変わらず、
一緒にいて安心感があるところ。
決断力があって頼りになるところ、
お料理上手なところも素敵です(笑)。

 

8、 どんなプロポーズでしたか?今はどんな結婚準備をしていますか?

コロナの影響による
外出自粛期間中なので、
真剣交際になってから一度も会えてなくて、
寂しく思っていました。
日曜日に「ビデオ通話しない?」
とLINEが来て、
いつもどおり楽しくお話していたら、
「本当は直接言いたかったけど、
今こんな状況だし・・・
俺の腹は決まっていたから。
『結婚しましょう!』」
と明るくプロポーズしてくれました。
私も『はい!よろしくお願いします!』
と元気に答えていました。
「ケイコとだったら、
楽しく生活していけそう」
と言ってもらえて、うれしかったです。
確かに彼は、
「真剣交際は、
プロポーズ秒読み段階になってから」
と言っていたのですが、
真剣交際になってわずか2週間でのプロポーズは、
さすがに予想していなくて、
うれしい急展開でした!
その日の週末に、またビデオ通話で、
彼が私の両親に挨拶をしてくれた後、
ようやく実感が湧いてきました。

それにしても、プロポーズって、
もっと号泣とかするのかな、
と思っていたのですが、
実際は、お互いにニコニコして
明るい雰囲気でした(笑)。
ビデオ通話というシチュエーションも
この時期ならではで、
心に残るプロポーズになったと思います。

結婚式をするかは
お互いにどちらでもいいと思っているので、
これから話し合って決めます。
ウェディングフォトの撮影とか
身内だけのお食事会など、
状況が落ち着いてから、
ささやかにできたらいいな、
と思っています。

 

9、 活動の期間は何カ月でしたか?長いと思いますか?短いと思いますか?

7カ月です。
彼と出会って真剣交際になるまでは、
終わりが見えず
果てしなく続くように感じていましたが、
終わってみると、意外と短かったです。
こんなに短期間で、長年の夢が叶い、
人生がガラッと変わったことに、
私自身が一番驚いています!

 

10、 婚活を成功させるための秘訣は何だと思いますか?

第一に、
良きカウンセラーに相談しながら進めること、

第二に、
先入観を持たず、一期一会の精神で、
お見合いやお食事を楽しむこと、

第三に、
失敗や傷つくことを恐れず、
受け身ではなく自分から行動すること、

だと思います!

 

11、 恋愛と結婚は違うと思いますか?

私にとっては、あまり区別がないと思います。
この人と一緒にいたい、
と思う気持ちの先にお付き合いがあり、
その先に結婚がある、
という基本的な考えは、
今回の婚活を経ても変わっていません。

ただ、恋愛と結婚では
選ぶ相手が変わるとすれば、
結婚ではより相性重視になることでしょうか。
結婚相談所での婚活では短期間のうちに、
ある程度の人数の方と
お見合いやお食事を経験できたので、
相性が良いとはこういう感覚だな、
ということがもっと良く分かるようになり、
それは大きな収穫でした。

 

12、 理想や希望は叶いましたか?

充分過ぎるくらい、叶ったと思います!
自分では理想にはあまり
こだわっていないつもりでしたが、
結果的には、
活動開始時に挙げた理想に
ぴったり当てはまっていました。

 

13、 活動前の自分に会えたら言いたいことはありますか?

肝心な行動を何も始めていないのに、
「出会いがない」と落ち込む、
そんな困った自分を励ましつつ、
喝を入れてやりたいですね!(笑)
「とにかく具体的な行動!
行動だけが夢を実現させるから!
一日も早く本気の婚活を始めて!!」

 

14、 人に伝えるとしたら、結婚相手を決めるのに大切なことは何ですか?

すごくシンプルですが、
相手と一緒にいると安心していられること。
そして、会った後、また会いたいな、
と思えること。
お互いに言いたいことを
素直に言い合えること。
だと思います。

 

15、 同じ気持ちの同年代女性へのメッセージ

職場は女性だらけで、
恋愛からも遠ざかっていて、
結婚したい気持ちを
こじらせていた45歳の私が、
素晴らしいカウンセラーである
麻美さんとの出会いのお陰で、
たった7ヶ月で
理想以上の素敵な人と出会って、
人生が変わりました!

婚活をするなら、断然、結婚相談所、
ブライダルインテリジェンスを
おすすめしたいです。

実は私は、30代から何回か、
誕生日前になると突然焦って
婚活パーティに行ってみる、
というような
ライトな婚活をしてみるものの
上手くいかず、
婚活なんてどうせ・・・
と思いながら
10年以上過ごしてしまいました。

「自然な出会い」をただ待っていたり、
縁結びの神社に行ったり、
スピリチュアル系の本を読んで
引き寄せのイメージトレーニングをしたり、
自分なりの「努力」をしていると思っていて、
それなのに決まって最後には
「何で出会えないのかな・・・」と落ち込む、
ということを繰り返す日々。
肝心なこと、
結婚を希望している生身の男性と
会ってじっくり話してみる、
ということだけが
なぜか抜け落ちていました。
結婚したいはずなのに、
今になって振り返ってみると
不思議でしかありませんが(笑)、
それも私にとっては
必要な準備期間だったのかもしれません。

私は結局、
具体的な行動から逃げていただけだった、
と今なら分かるのですが、
結婚相談所そのものに対しても
ずっと懐疑的で、
今回まで入会を検討したことすら
ありませんでした。

もう年齢的に遅い、とか、
気の進まないお見合いをさせられる、とか、
好きな人と結婚したい、
というささやかな希望は一蹴される、とか、

・・・何やら恐ろしいところ、
と勝手に思い込んでいました(すみません!)。
実際に、私の周りの同年代の独身女性も、
結婚相談所に対しては
このような先入観を持っている人が多いので、
私自身、活動を初めてから、
聞かれたときには
「本当に結婚を考えていたらおすすめだよ!」と、
実際に自分の目で確かめたことを
伝えるようにしています。

確かに結婚相談所では、
年齢が若い方が有利という面もあり、
私もそうでしたが、
自分の年齢にイヤでも向き合う
ことになってしまいます。
恥ずかしながら、
当初はその考えに馴染めず、
私は相談所に向いていないかもしれない、
と、すぐに投げ出しそうにもなりました。
でも私にとって、
やはり相談所以外には、
安心安全に、
結婚したい独身男性に
出会える機会はほぼ皆無です。
ここで諦めたら
もう結婚は難しいかもしれない、
それなら、と思い、
一旦現実を受け入れると、
視点が変わりました。

自分の内面の成熟度が
年齢と釣り合っているのかな、
と自分を顧みるようになり、
これまでの自分の言動などに幼い部分や、
足りなかった点なども見えてきたと思います。

とはいえ、

男性と接することにブランクがあったので、
些細な事をすごく気にして不安になったりして、
LINEや電話で、麻美さんに長々と
相談してしまうことが多々ありました。
その度に、いつも本当に的確な
アドバイスをいただいたお陰で、
7カ月での成婚、
という結果につながったと思います。

麻美さんには言葉では言い尽くせないほど
感謝の気持ちでいっぱいです。
特に、しばらく恋愛から遠ざかっていた私は、
どうしても男性を見る目が
厳しくなっていたと思いますが、
そのことをさりげなく
気づかせて下さったのは、
とてもありがたかったと思います。

「百聞は一見にしかず」といいますが、
今回は勇気を振り絞って一歩踏み出して、
本当に良かったです!
私の拙い文章が、
7ヶ月前の私と同じような状況の方の、
幸せへの一歩のきっかけになれば、とてもうれしいです。

 

 

分かりやすい知的な文章で
お気持ちを綴って下さいました!

読者のことを想っていることが分かる、
心のこもった内容でしたね。

 

「思い返せば、
婚活を始めてから10年経ってしまった。」

そんなかたでも、
区切りをつけられる日はきっとやってきます。

 

かく言う私もそうでした。

1回目の結婚から2回目の結婚までは、
8年かかっています。

その間に、結婚を考えた彼氏は
何人もいたのですが、
結婚には至りませんでした。

彼氏がいるからと言って、
早く結婚するわけではないのです。

そのおかげで、
結婚向きでない人を
好きになりがちな女性(私)には、
自己改革や戦略が
必要なこともよく分かりました。

 

お別れのたびに、
ショックはありますが、
一度も歩みを止めたことはありませんでした。

どん底の気分でも、
”未来の幸せな自分”から
「大丈夫だよ、もうすぐ幸せになれるよ」
といつも励まされている

と感じていたからです。

時間はかかりましたが、
とうとう”未来の幸せな自分”に
追いつく日がやってきた今、
時々、目を閉じて、
あの日の自分を励ましてあげる
ことがあります。

 

幸せにしてくれるのは、
結婚相手でもありますが、
まずは自分自身。

婚活が長引いていて
途方に暮れているかたは、
絶対に自分をしっかりと持ちましょう。

いちいち落ち込んで
引きこもっている時間の積み重ねが、
何も変わらない今を

作ってしまっているのです。

自分の人生は、自分しか決められない。
あれこれ考えるより、
未来は行動して作り上げる!

 

落ち込んだ時期があったからこそ、
幸せを感じる心の感度が良くなるので、
婚活で苦労をした人のほうが、
結婚生活への心の満足度は絶対に高いですよ!!

 

婚活が長引いている人には、
色々なパターンはあると思います。

お付き合いに一度も至らなかった方から、
結婚を考える彼氏はできたけど、
結婚にならなかった方まで。

今度こそは、婚活を終わらせたい、
絶対に結婚したい!と思う方を、
心より応援しています。

 

最後となりましたが、
心のこもったメッセージを頂いたケイコさん、
本当にありがとうございました。

末永くお幸せに。

 

——————————————————-

【東京・東京駅・日本橋】結婚相談所
会員制パートナー紹介エージェント
『ブライダルインテリジェンス』

読むだけで1日1歩幸せな結婚に近づく
『結婚前提彼氏』と出会うための
初めての婚活成功365日メールサロン

読者登録はこちら↓↓↓
https://br-intelligence.com/mail-magazine/

mail01

関連記事