1. HOME
  2. ブログ
  3. 結婚相談所で海外駐在員との遠距離恋愛~オンラインだけで結婚を決めても大丈夫!成婚体験談公開!

結婚相談所で海外駐在員との遠距離恋愛~オンラインだけで結婚を決めても大丈夫!成婚体験談公開!

今回のご成婚レポートは、
30才女性(神奈川県)
30才男性(ヨーロッパ圏駐在員)
カップルです。

 

コロナ禍でリモートワークが進み、
ハードだった働き方に、
余裕が出てきた方も多いのではないでしょうか。

仕事観が激変して生活を見直したり、
幸せとは何かを
考えたりする日々を送っている
独身の方も多いかもしれません。

 

今回ご紹介する成婚レポートを
書いてくださったすみれさん(仮名)も、
そんなキャリア女性の一人でした。

ヨーロッパで駐在している男性とご成婚し、
彼のいる国に引っ越すため、
まもなく出国するということです!

 

ヘッダー画像の
キャンドルと薔薇の演出のお写真は、
実際のプロポーズの時にサプライズしてくれた
お部屋のご様子だということです。

きゃ~ステキ~!!

 

駐在員さんとの結婚は、
海外志向のある女性にとっては、
とても羨ましく見えますよね、、

実は、すみれさんは、
とりわけ海外が好きという
強い気持ちがあった訳ではありませんでした。

お勤め先の会社の方針で、
英語の勉強が推奨されていたため、
定期的にテストを受けたり
英会話レッスンを習慣としていました。

ふと、海外で働いてみたいな
と思ったこともありましたが、
どちらかというと
新卒から勤めている今の会社
(人気の大企業)で勤め上げたいという
お気持ちのほうが強かったと思います。

 

ですので、婚活を始める時から一貫して、
お相手への希望は、
共働きで家事を平等にシェアしてくれる
甲斐甲斐しい男性、

また、すみれさんのはっきりとした性格を
包み込んでくれるほのぼのとした男性
をイメージしていました。

 

ですので、
敢えて海外駐在員さんを選んでいた
というわけでもなかったので、
ご縁とは不思議なものです。

そんな順風満帆な結婚準備期間を
送っているすみれさんも、
簡単に今に至ったわけではありません。


傷ついてしまう色々な出来事があり、
誰に申し込みしていいか分からない、
申込むのも怖い、
といった心境になってしまう
スランプがありました。

 

申込される人からだけ選んでお見合いしていては、
いまいちうまく行かないのがIBJでの婚活です。

自分で考えて自分の意思で申込む
ことを同時に頑張ることで、
道が開けていくのです。

 

そこで、お相手検索をしてみて気になる方を
何人かピックアップしてもらい、
お電話で相談することに。

「このかた、どう思いますか?」というご質問に、
私のフィーリングをお伝えして、
お申し込みの参考にして頂いていました。

(IBJでは、他社所属の会員さんとは
直接の面識はありません。
プロフィールの文章や写真などから、
その人のお人柄などを
プロファイルしていくようなイメージです)

 

彼のプロフィールを見て感じたことは、
顔写真の醸し出す雰囲気が、
どっしり受け止めてくれそうな
おおらかそうな印象で、
「すみれさんにぴったりのような気がするなぁ」
と、とても好感を持ったことを覚えています。

 

お電話での相談後、お申し込みをして、
お見合いへと発展しました。

交際成立後は、
LINEとZOOMと電話を重ね、
お見合いから2週間後には、
真剣交際に発展。

そこから、着実に関係を育んでいき、
4ヶ月後の彼の日本一時帰国時に、
親御様への紹介や入籍など全てを終わらせて、
彼はまた赴任先の国に戻ったのでした。

 

どうしてそんなに順調に
コロナ禍での遠距離恋愛が進んだのか、
その過程でのすみれさんの心境を
ご本人の言葉で綴っていただきました。

それではすみれさんの
成婚アンケートをどうぞお読みください!

 

 

■ご主人の第一印象は?

写真よりも素敵。
会話のキャッチボールができて話しやすい。

 

■馴れ初め~入籍までの流れ

海外と日本の遠距離で
一度も直接会うことなく
真剣交際に入りました。

お見合いから3回目のオンラインデート中
(お見合い日からちょうど2週間後)
に告白をされ真剣交際を開始しました。

早いと思われるかもしれませんが、
遠距離という関係もあり、
お互いをより深く知るため
関係を進めることにしました。

真剣交際に入ってからは、
日本に一時帰国するまでの4ヶ月間、
毎日2回電話をして
(1時間と20-30分程度)
日々のことから将来の話まで
何でも話しました。

 

ここまで早く深い関係が築けたのも
早めに真剣交際に入り
お互いを知ろうと集中出来たことが
良かったのだと思います。

女性のほうがちょっとした事で
不安になったりしやすいとも思うのですが、
夫の配慮には本当に安心を感じました。

具体的には、
早めに関係をはっきりしてくれたことと、
連絡をこまめにくれたことには、
とても助けられました。

 

ある日、夫が仕事でトラブルがあり、
連絡頻度が急に減りました。

その事を何も言われていなかったので。
「嫌われたかも…。
何か変な事を言ってしまったのかも」
と、すごく不安を感じました。

そこで私は、
「最近連絡ないね。。
一度ゆっくり考えてみる時間とか
作ったほうが良いのな。。」
とLINEで伝えたところ
夫から電話がかかってきました。

「本当は会ってから言おう
と決めていたんだけど、
真剣に2人の関係を考えている。

何があっても手放さないよ。
結婚して欲しい。

また直接会ってから
きちんとプロポーズさせてね」
と伝えてくれました。

 

このプレプロポーズがあってから
より具体的に結婚の話をするようになり、
一時帰国時の
親への挨拶のスケジュールや
フォトウェディングの打ち合わせを
決めることができました。

 

夫は、婚約指輪を選ぶのも
ジュエリー店の方と
ZOOMでやり取りをして
帰国日の数ヶ月前に
こっそり購入してくれてました。

後から知ったのですが、
プロポーズの演出も
レストランのスタッフと
事前にZOOMで2回ほど
打ち合わせしたいたそうです…!

夫が日本に一時帰国して、
海外渡航者の2週間の隔離期間が終わり、

初めて直接会うときは凄く緊張しましたが、
一緒に過ごす時間が長くなるにつれ
初めて会った気がしないね
と笑い合えるようになっていました。

夫とよく言っていたのは
「好きになるのに距離は関係ないね」。

付き合う期間や物理的な距離の近さ
が重要なのではなく、
お互い心を開いて、
本音で会話できる関係性を作れたか
が大事でした。

海外と日本、
コロナ渦での遠距離恋愛という逆境でしたが、
お互いがなくてはならない存在で、
声を聞けるだけで1日頑張ろう
と思えるほどでした。

結婚した今でも
「なにがあっても気持ちは変わらないし
一緒にずっといよう」
と言ってくれます。

 

■ご主人と結婚の決め手は?

 

海外在住の方と
オンラインだけで関係を深めて
結婚を決意するのは
ハードルが高いと思われますが、
こういう難しい状況だからこそ
相手の姿勢や態度が出やすかったです。

凄く小さいことで不安になっても
面倒くさがらず
「いつでもLINEか電話してきて良いよ。
愚痴でも何でも聞くよ」
と言ってくれたり、

時間が出来たときには電話してくれて
体調なども気遣ってくれました。

小さいことの積み重ねで
信頼関係を自然と築けていました。

 

あとは、距離があることを理由にせず
きちんと行動してくれた
というところが大きかったです。

私が資格の勉強をすると伝えると
LINEギフトでスターバックスのギフト券を
プレゼントしてくれたり、
疲れていると伝えると
LINEギフトでアイスクリームの詰め合わせを
プレゼントしてくれました。

 

そういった小さい気遣いだけでなく、
プロポーズや婚約指輪選びも
お店の方とZOOMを駆使して、
プロポーズの演出の打ち合わせを
してくれていたりしていました。

 

■同じ気持ちの同年代女性へのメッセージ

 

女性は追いかける恋愛をしない方が
幸せになれると思います。

私は何回か、
追いかける恋愛をした事があるのですが、
尽くしすぎたり優しくしすぎてしまい

本音を隠して付き合った結果、
私のほうが我慢したり、
本当は納得していないけど譲る
ことが多かったです。

(当時はなぜかそれに気づかない)

ふと鏡を見るとどことなく淋しげで
幸せそうじゃない自分が鏡に映っていて
私ってこんな顔だっけ…?
と驚いたことがあります。

対等になれない
パートナーシップは続きませんし
何かを犠牲にすることになります。

 

「何もしなくても可愛い」
「好き、愛している」と言われ
大事にされる結婚が
女性は全てのゆとりに繋がり
一番美しく輝いて
満足度も高く幸せになれると思います。

妻のために努力して尽くしてくれる男性ほど
カッコ良いものはないと思います。

夫の携帯の待受は私の写真です(笑)

生理前で機嫌が悪くても、
疲れてどんな姿でも
「可愛い大好き」と褒めてくれる
求愛婚をおすすめします!

 

■婚活を成功するための秘訣は?

 

1つめは「一期一会」だと思います。

写真と違った、
あの発言には納得できない
と仮に思ったとしても、
袖振り合うも多少の縁
と思うようにしていました。

お見合い相手とは、これきりとは限らず、
いつかどこでか会ってしまうかもしれないので、
丁寧に接するようにしてました。

どんな相手でも必ず手土産を持参し
お会計の後には「ご馳走様でした」
とお伝えしてました。

 

2つめは、「また会いたい」と
リピートされるように意識してました。

また会いたいな、また笑顔が見たいな、
と思われる振舞いが
ライバルに差をつけると思います。

 

3つめは、「考えすぎない、休む」。

疲れたときは、
ネガティブになりやすかったので、
「1ヶ月だけ婚活は全て休む」
などメリハリをつけました。

1番大事なのは、
「婚期ではなく、自分自身」
ということを忘れずに
無理し過ぎないようにしていました。

 

 

 

すみれさんが最後に仰っていた
「一番大事なのは、婚期ではなく自分自身」
という言葉に、グッときた婚活女性も
多いのではないでしょうか。

頑張りすぎてしまう女性は、
自分をいたわり可愛がることを忘れがち。

でも、自分を労わる気持ちを意識するうちに、
「かわいいかわいい」と愛してくれる男性が
現れるものではないかと思います。
現れるというか、
そういう男性の良さに気付くのかもしれません。

 

遠距離恋愛でも、
短期間で愛を育んだ秘訣は、
毎日2回の電話だったということです。

これは、遠距離恋愛だけでなく、
これまでご成婚した
他のカップルにも言えることで、
こまめに電話をすることが
スピード成婚の秘訣であることが多かったです。

 

女性から電話を提案したっていいのですよ!

いきなり掛けるのは無しですが、
日時を決めておくと自然です。

 

こんな例もあります。

初デートの予定が合わず、
2週間先になってしまったので、
「良かったら先に、
お電話だけでもいかがですか?」
と女性から提案したことで、
彼の中で
「こんなこと言ってくれる女性がいるんだ!」
とスイッチが入り、
その時に結婚を決めた、
というエピソードも、
以前の成婚レポートの中でありましたね。

 

電話って、家でリラックスしながら、
会話だけに意識が集中している
特殊な状態。
一種のトランス状態のような。

そのため、自分の中に入り込んで、
本音で深い話ができることで、
「僕or私のことをよく分かってくれている」
という感覚になりやすいのではないかと思います。

 

自宅でのオンラインZOOMデートとも
少し違いますよね。
ZOOMでの会話中は、視覚優位になって
集中しにくいような気が私はするのですが、
みなさんいかがでしょうか。

少し遠慮がちな性格で、
お相手との間に距離を作ってしまいがちな女性ほど、
「電話デート提案作戦」は、
一度試してみることをお勧めします。

 

コロナ禍での
海外とのオンラインお見合いからの
遠距離恋愛を叶えた貴重な体験談を
読者の皆様と共有して下さり
ありがとうございました。

「何があっても手放さないよ」
と言ってくれた彼に愛されて、
末永いお幸せをお祈りしています。

 

——————————————————-

【東京・東京駅・日本橋】結婚相談所
会員制パートナー紹介エージェント
『ブライダルインテリジェンス』

読むだけで1日1歩幸せな結婚に近づく
『結婚前提彼氏』と出会うための
初めての婚活成功365日メールサロン

読者登録はこちら↓↓↓
https://br-intelligence.com/mail-magazine/

mail01

ご入会無料相談はこちら

LINEお友だち登録はこちら

365日メールサロン無料登録

読むだけで1日1歩幸せな結婚に近づく
『結婚前提彼氏』と出会うための
初めての婚活成功365日メールサロン
読者登録はこちら↓↓↓
https://br-intelligence.com/mail-magazine/

関連記事